住宅ローンの借り換えで保証料無料の金融機関を選ぶメリットは?

【諸費用のうち多くを占めるのが保証料

住宅ローンでは、少しでも金利が安いほうがメリットがあります。3000万円を35年で借りた場合、金利が0.5%違うだけでおよそ300万円の差になります。 しかし、住宅ローンの借り換えでは、金利が安ければ単純にメリットがあるというわけではありません。その理由が諸費用にあります。

 

住宅ローンの借り換えでは、借り換え元の住宅ローンに一括繰上返済手数料抵当権抹消費用がかかり、借り換え先の住宅ローンには新規で借りた時 同様に諸費用がかかります。この諸費用のうち多くを占めるのが保証料です。

 

保証料がなければ、借り換えでかかる諸費用が大幅に安くなりますので、諸費用が払えないために借り換えを躊躇している人でも借り換えへの ハードルがグンと下がりますね。

 

最近はネット系の銀行を中心に、保証料を含め諸費用が無料のところが増えてきています。それらの金融機関へ一括で審査を申し込めるサービスもあるので、少しでも有利な借り換えをしたい人はぜひ利用してみて下さい

>> 誘導先へのリンク(当方が実施します。)


住宅ローンの借り換えで保証料無料だとどのくらい有利になるのか。


一般的に、住宅ローンの借り換えの条件として、ローン残高が1,000万円以上金利差が1.0%以上残り返済期間が10年以上3つの条件が よくあげられます。

 

しかし、これは保証料有りの場合の条件です。保証料無しの住宅ローンならば、これらの条件を満たしていなくても、 借り換えで大きなメリットがでる可能性があります。

 

3000万円の住宅ローンを35年返済で借りた場合の諸費用は、(住宅ローンによって差はありますが)80万円程度、そのうち保証料が60万円程度 と言われています。諸費用の多くを占める保証料がない金融機関が登場したことで、最近では0.5%程度の金利差でも借り換えで利益が出る ケース増えています。

 

保証料無しのメリットはそれだけにとどまりません。もしもこの60万円程度の保証料を頭金に回したら、借入金額が60万円減らせるので、 金利によっては100万円以上も総支払額が減らせることになります。

 

こちらのサイトでは、住宅ローンの借り換えによって641万円も節約できたという例が紹介されています。参考にしてみてください。

 

>> 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

 

住宅ローンの借り換えで保証料無料の金融機関は?


住宅ローンの借り換えで保証料無料の金融機関には、新生銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、フラット35、じぶん銀行、 東京スター銀行、イオン銀行などがあります。そして驚きなのが、これらのネット銀行はすべて一括申込みに対応しています。※随時入替りがあります。

 

一括申込みに対応していることで、審査通過の確率がグンと上がり、さらに審査結果を見てから最も条件の良い住宅ローンを選べるという メリットがあります。

 

一括申込みにデメリットはないので、保証料が無料ではない住宅ローンにも同時に申し込むのがお勧めです。住宅ローンでは、申込の記録も個人信用情報に残るので、1つ1つ順番に申込みをしていては、申込の記録が残っていき、後になるほど不利になるという現象が起きる 恐れがあります。そういう意味でも一括申込みはお勧めです。

 

住宅本舗の一括申込みサービスは完全に無料で利用できます。ISO27001を取得しているのでセキュリティ面でも安心・安全です。

 

>> 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

 

住宅ローンを保証料無料で借り換えなら今がチャンス

アベノミクスの効果?借り換えのチャンスです

住宅ローンは、一度借りたら終わりではありません。家計状態や金利動向を適宜チェックして、借り換えのチャンスがあれば借り換えることも 大切です。国土交通省の調査によると、住宅ローンの借り換えは、3兆円の市場規模であり、かなり多くの人が借り換えをしています。 アベノミクスの効果で、住宅ローン金利は空前絶後の低金利が続いていましたが、今後は上昇することが予想されます。 借り換えをするなら今が最後のチャンスかもしれません。

 

昔の常識は通用しない?

ローン残高が1,000万円以上、金利差が1.0%以上、残り返済期間が10年以上という昔の常識は、今はあてはまらないケースも増えています。 ネット銀行を中心に、保証料無料、その他の諸費用も無料というサービスが展開されだしたからです。現在では、0.5%程度の金利でも 借り換えでメリットがでるケースもあります。昔の常識にとらわれず、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

>> 誘導先へのリンク(当方が実施します。)