見出しとは?

あなたが普段、ネットで見ている文章。所々に大きな文字あるいは太い文字が使われたフレーズで、区切られているはずです。上記の「見出しとは?」もそうですし、下記の「何のため?」もそうです。

何のため?

本の目次をイメージして下さい。目次を見れば、その本に書かれていることが、だいたい分かりますよね。そして、目次を見た時に「読みたい」と思えるかどうかは、あなたが本を読むかどうか決める際、大きな判断材料になっているはずです。

あなたが書いた文章に目次を作るとしたら、どんなものになりますか?あなたもそうしているように、訪問者は見出しをさーっと流し読みする傾向があります。その時に訪問者に思わず「読んでみよう」と思ってもらえる見出しが理想です。

WordPressでの見出しの付け方

ワードプレスで見出しを付けるのはとても簡単です。見出しにしたい文章を選択した状態で、編集画面上部にある「段落」欄から種類を選ぶだけです。

見出し1は記事のタイトルやサイトのタイトルがデフォルトで適用されるケースが多いので、特に指示がない場合は、見出し2(もしくは3)から使い始めて下さい。不明な場合はご相談下さい。

階層構造にする。

本の目次と同じで、見出しは階層構造にして下さい。例えば下記のような感じです。

見出し2

見出し3

見出し4

見出し3

見出し4

見出し2

見出し3

見出し3

見出し4

見出し4

階層構造が適切であれば、数に制限はありませんので、自分が書いた文章にピッタリの構成を考えて下さい。

検索されるキーワードを入れる。

見出しにはもう一つの役割があります。それは、Googleなどの検索エンジンにあなたが書いている記事の内容を端的に知らせることです。

検索エンジンは世界中の膨大なコンテンツを収集して、独自の基準で評価することでコンテンツをランク付けし、検索結果を表示しています。見出しは、その評価基準の中で重要とされています。

ですから見出しには、あなたの記事に興味を持つ人が検索窓に打ち込みそうなキーワードを含めるのが理想です。

改行・段落分けについて

記事内の文章には適度に改行や段落を入れて、読みやすくなるようにして下さい。改行・段落を入れる方法は下記の通りです。

改行 :「Shift」+「Enter」

段落 :「Enter」

※導入しているワードプレスのテーマ(外観デザイン)やプラグイン(拡張機能)によって、異なる場合があります。

慣れるまでは、記事作成後に実際のURLをパソコンやスマホで閲覧して、思った通りの改行や段落分けができていることを確認することをお勧めします。

編集・表示がオカシイ?

見出しや改行・段落分けなどの記事作成作業で、思ったように記事の編集ができなくなる時があると思います。そんな時は編集画面のモードを「テキスト」に切り替えてみて下さい。

たとえば、普段使っている「ビジュアル」モードで、見出し2を選択すると、テキストモードでは<h2>~</h2>というタグで表示されます。たいていの場合、編集や表示がおかしくなるのは、ビジュアルモードの操作時にこのタグの挿入が何らかの原因で正常に行われなかった時です。

テキストモードで修正後、ビジュアルモードや実際のURLで記事を確認してみて下さい。それでも思うような修正ができない場合はご連絡下さい。