お中元の箱今日テレビを見ていたら、夏ギフト(お中元)商戦の話題を取り上げていました。最近は「自分へのお中元」なんていう考えがあるそうです。

「いつも頑張っている自分へのご褒美に、ちょっと高級な夏の贈り物を!」と購入される方が増えてきているという話でした。なんだかちょっと不思議な流れ(笑)

でも、そういう流れに乗って単調な日々に刺激を入れるのもいいかも!と早速お中元用のコーヒーを調べてみました。

UCCやKEY COFFEEといったコーヒーの大手メーカーはもちろん、大手カフェチェーンのスターバックスやドトールコーヒーも夏ギフトの注文を受け付けているようです。

「水出しコーヒーはないのかなー?」と色々調べていたら、ブルックスの水出し珈琲が夏季限定価格で販売されているのを見つけたので、本日は水出しコーヒーの話をしようかなっと思います。

水出しコーヒーって何?

水出しコーヒーというのは、コーヒー豆を水で抽出したものです。専用の器具に挽いたコーヒー豆を入れ、点滴のように水をポタポタと落として抽出します。抽出時間は作る量によって異なりますが、一晩~半日以上かけてじっくり行う方法が一般的ではないでしょうか。

じっくりかけて抽出したコーヒーは雑味が少なく、豆本来の甘みと旨みを感じられます。また、苦味や酸味があまり出ないため、コーヒーが苦手な方に1度試していただきたい抽出方法です。

ちなみに、お湯で抽出するよりカフェインやタンニンの量が少ないので、夏の疲れた胃に優しいところが地味に嬉しかったりします。

ご自宅で水出しコーヒーを作る場合、HARIOの水出しコーヒーポット(MCPN-7やMUPN-14、FIC-70など)というコーヒー豆を水に浸すタイプかiwakiのウォータードリップコーヒーサーバー(K8644-CL)という小さめの器具が適当かな?と思います。

水出しコーヒーは使用する器具が少なく、特にテクニックも必要ないため、比較的簡単に作れます。

水出しコーヒーは豆の味がダイレクトに出る!?

アイスコーヒー

上記でご紹介した器具をAmazonで見てみると、カスタマーレビューに「雑味が出て美味しくなかった」というものがいくつかありました。

実はお湯で抽出する場合、コーヒー豆のアク(雑味)を泡に吸着させてある程度雑味を取り除くことが出来ます。しかし水で抽出する時、この「雑味を取り除く」ことが行えないため、焙煎が上手くいっていないコーヒー豆を使うと雑味も抽出されてしまうのです。

その結果「せっかく専用器具を買ったのに美味しくなかった!」という悲劇が起きてしまうんですよね。その悲劇を起こさないためには、良い豆を選んでハンドピックで欠点豆を取り除き……と、ちょっと手間が必要だったりします。

そこで今回のタイトルに使っているブルックスの水出し珈琲の出番です。

水出し専用商品だから安心

ブルックスの水出し珈琲は、コーヒー豆選びはもちろん、焙煎にもかなり拘っている商品です。また、1回使い切りバッグなので「せっかく専用器具を買ったのに~!」という悲劇がなく、気軽に楽しめるところも魅力ではないでしょうか。

水出し珈琲の抽出時間は最短3時間なので、仕事から帰ってすぐにセットしておくと、ちょうど夕食後に出来上がるのも嬉しいポイントですね。

出来立てのコーヒーで至福のひとときを♪